まさかの青森で脱毛を体験!

先日、この東北の地青森で脱毛を体験してきました。何故、あまり肌の露出をする機会が少ないここで脱毛をする事になったのか・・・。
というのも、あまり肌を露出する機会が少ないからこそ、お手入れをおろそかにしてしまい、夫にからかわれたからです。

「なんか、腕毛とか濃くないか?寒さに強くなろうとしてるのかなぁ?(笑)」

なんて、デリカシーのない夫!(爆)でも、お手入れをサボっていたことは確か。。。
こういう状況だからこそ、女として気をつけないと!と感じました。東北の人ってなんであんなに肌がきれいなんだろ。

さて、こうして現在ミュゼグラン八戸店で、ワキとひざ下の光脱毛をしています。八戸店は予約が本当に取りづらいので、ひざ下は下手をすると1年に1回くらいしか施術できないそうな。ワキは時間が短いからなのか、4か月に1回程度できています。

ワキのほうは、私が毛抜きで処理をしていたからか毛周期が狂ってしまったせいか、3回ほど施術してもらいましたがいまだに効果を実感できません。(生えるのが遅くなったとは感じますが、密度は濃い状態です)最大出力でお願いしていますが、痛みは全く感じず、冷たいジェルのおかげで温かく感じる程度です。

一方のひざ下は3回目くらいから全く生えてこない部分ができ始めました。5回目くらいになると剛毛だったムダ毛が産毛のようになってきて、生えるのもかなり遅くなってきました。今は超スローペースなのですが、自己処理は月1くらいになりました。ストッキングをはけば毛が全く見えない状態をキープしています。痛みは、くるぶしやひざ回りなどの肉の少ない部分だと、輪ゴムで弾かれたような痛みがありますが、まったく気になりません。うーん、青森で他にも脱毛できるところあるかなぁ。

青森に転勤・・・やっと慣れてきたかな。

旦那の転勤で青森に引っ越してきました、恵美と申します。
ちょうど一年くらい経ったでしょうか、ようやく青森の寒さにも慣れてきたかな(笑)

でも、やっぱり寒い…もともと静岡の温暖な気候に慣れていた私にはここ(青森)の寒さは尋常じゃないです!
11月くらいから真冬並みなんですもん(>_<。)〃北国は建物の構造が違うから室内は暖かい・・・まぁそりゃ確かに。
でも一歩でも外へ出てみると、そこはもう正直きつい。「寒いっ!!!!」って何回も叫びだしたくなります。

4月になっても寒いし…なんかこう、冬が長いんですよ(笑)静岡生まれ静岡育ちの私は、青森に積もる大量の雪なんかゲレンデ行ったときくらいしか見たことありません(爆)

さて、早速愚痴から始まってしまったこのブログですが、そもそもブログを書こうと思ったきっかけがあまりにも寒くて外へ出る機会が少なくなってきたから!
あ、でも夏はその分快適ですよ!とっても短いですが。。。

とはいえ、辛いことだけではありません!温泉もあって雪見酒はできるし(お酒好き)、自然もキレイで動物もたくさんいるし、美味しい食べ物はたくさんあるし、人はとっても優しいし!
(ただやっぱり何をいってるのか分からない時が多々あります)

けっこう、満喫してるといったら満喫してるんですよね。

そうそう、一番びっくりしたのが『いちご煮』というもの。最初、青森なのにリンゴじゃないんだ・・変なの~と思って完全にデザートだと思っていたんですが、
なんと『ウニとアワビのお吸い物』だったんですね!旦那も海鮮好き日本酒好きなので、一杯やりながらの『いちご煮』には思わずお互い頬が緩んでしまいました(笑)

思えば、あの時から気持ちが前向きになれたような気がします。不思議なものですが。きっと来たばっかりのころは、とにかく寒くて不安で緊張していたんだろな…と思います。

さて、次回はもうちょっと明るい内容でいきますよ!